音楽愛聴記

クラシック音楽に囲まれた日々の感想を綴ります

CPOレーベルをとにかく聴きまくる2日間

ホームステイ(ステイホーム?)週間音楽祭の一貫で、2日間にわたりCPOレーベルを聴くという時間を過ごしました。(ながら聴きが多かったですが)

ルールとしては、お気に入りのゲオルク・シューマンから始まり、ゲオルク・シューマンに終わる。それだけ。 その間は、思い付きやら詳細検索やらで範囲を絞って聴くなどしてみました。

聴いたのは以下の曲(順)〇印は特に聴いて良かったなと思った作品。

 ゲオルク・シューマン:レーベンスフロイデ
 アッテルベリ:狂詩曲
 ペッテション:交響曲第4番
 エルトマン:セレナード
 シャーウッド:シンフォニエッタ
 ヴィレーン:バレエ組曲
〇ベリ:交響曲第3番
 ホルブルック:交響詩「大鴉 」
 マクファーレン:交響曲第7番
〇ヨーゼフ・マルクス:秋の交響曲
 レオポルド・ヴァン・デア・パルス:交響曲第1番
 イベール:協奏交響曲
 カバレフスキー交響曲第1番
〇ジョンゲン:協奏交響曲
 ヴィラ=ロボス:交響曲第3番
〇ライゼンシュタイン:ピアノ協奏曲
 フランケル交響曲第3番
 ゴルトシュミット;チェロ協奏曲
 バビン:2台のピアノのための協奏曲第2番
 サッリネン:ヴァイオリン協奏曲
 クルークハルト:交響曲第4番
 グヴィ:交響曲第4番
 ファランク:交響曲第1番
〇アンタイル:交響曲第1番
 ゴダール交響曲第2番
 ゲオルク・シューマン交響曲第2番(大トリ)

 

どうでしょう。2日間というわりにはちょっと少ないかなという気もします。

ゲオルク・シューマン交響曲第2番より再生回数が多い交響曲ってなんだろう?と思い詳細検索で聴いたのがヨーゼフ・マルクスからヴィラ=ロボスあたり。

マルクスの「秋の交響曲」はひたすら、穏やかでなだらかな旋律が流れるのですが、その時間が非常にうっとりとさせられるんです。管弦楽の技法も細かい動きが聴こえますし、埋もれてるのはもったいないかなぁと感じます。

他に〇印をつけた、北欧のナタナエル・ベリの交響曲第3番。

こちらは2楽章制で比較的短いながらも副題の「力」とあるように逞しさや響きの色どりを感じました。

ジョンゲンの協奏交響曲は独奏者が、前回のサントリー作曲家の個展Ⅱでソリストとしても登場したオルガニスト。オルガンとオケが対峙して進むのではなく、一体となった交響曲って感じですね。聴きこんだら面白いだろうと思い〇をつけました。

ライゼンシュタインのピアノ協奏曲。ライゼンシュタインという作曲家自体、この企画を自分に課せなければ出逢わなかったであろう作曲家。聴いて正解。ヒンデミットの弟子ということで、その影響が強いのだと解説文には書いてますがヒンデミットのことが知らない小生は先入観なくライゼンシュタインの音楽に耳を傾けることができました。

作品はロマン派と12音に向かっていくモダニズムの中間、本当に微妙なところ攻めてくるな、って思わせるような音楽。それがいいと思いました。ピアノのパートは、当たり前かもですがしっかりしてないと弾きこなせない意外と難曲なのかな?とも思いました。もっと知られるべきですねこれは。。。

そして音楽の悪童アンタイルの交響曲第1番(1923年版)、副題が「ジプシーの音楽」などとなっています。1923年の音楽ということを踏まえて聴くとなかなかモダンなんじゃないかなと思いました。でもこれって12音とか使っていないのではないかな。。。

ラストの終わり方がクソカッコよかったです。たぶんしばらく経ったらまた聴きます。

 

CPOレーベルさんは、本当にいつもNAXOSですら出さないようなドちゃクソマイナー作曲家まで出して、しかもその作曲家の交響曲全集まで作ろうとすることもあって本当に本当に耳がお世話になっております。たぶんCPOの関係者には伝わらないけど、ここに感謝申し上げます。

ということでこれからもCPOを通してマイナー作曲家の探検を続けていきたいと思います。